代表挨拶

令和3年度、第39代、桑名市商店連合会青年部部長を務めさせていただきます山下陽平です。

本年は45周年の節目の年にあたり、これまで築き上げて頂いた歴史と伝統を引き継ぐ大役を仰せつかり光栄であるとともに身の引き締まる思いであります。

私は23歳の時に親しい先輩の紹介により入会いたしました。
未熟な私を優しく、時に厳しく導いていただき今がある事に感謝は尽きません。
これまでの商連活動を通じて学び得た喜びに敬意を込めて本年度のスローガンを掲げさせて頂きました。

どんな時も、誰かを想い、その先にある喜びを目指し、優しさを持って行動する。
私たち商連青年部はその気持ちを大切に活動してまいります。

昨年度は新型コロナウィルス感染症の流行により、これまでの生活や、社会が一変する大変な年となり、
商連活動にも大きな影響がありましたが、困難な時にも若き経済人として知恵を出し合い進み続けてまいりました。

私自身も自社での商品やサービスの提供においてお客様にご満足いただけるよう感謝の心を持ち、
また従業員とのコミュニケーションでは、優しさと個性の尊重を大切に日々努めております。
この心こそ私が先輩から学び、商連活動だけでなく、家族、友人、仲間などすべての基本と思い常に大切にしてきたことであります。

変わりゆく世の中で挑戦し続ける私たちであるからこそ、変えてはならない商連の伝統と心意気を大切に、
自由でみずみずしい発想と優しさを原動力に地域社会の発展を力強くリードする誉れ高い商連へと導いていく所存でございます。
どうか皆さまのご支援ご協力賜りますよう心よりお願い申し上げます。

PAGE TOP